害獣の種類

これらの動物は、見た目はかわいいのですが、家屋に侵入しさまざまな迷惑をかけるので、害獣とされています。昨今、特に被害が多い数種類の性質や特徴を紹介します。

ネズミ

種類 ネズミ ネズミ科(クマネズミ、ドブネズミ)
写真 ネズミ
地域 日本列島のほぼ全域に生息
体長 15~25cm
出産 年5~6回 1回の出産で平均6匹を産む
特徴 雑食性・夜行性
被害が最も多いクマネズミは特に警戒心が強く。
学習能力が高い。
木登りや電気配線綱渡り等、細い所や狭い場所も器用に移動する。
注意 今やどこにでもいるネズミ!地域に関係なく要注意!

ハクビシン

種類 ハクビシン ジャコウネコ科
写真 ハクビシン
動画
地域 四国と東海から東日本に多く生息
体長 50~80cm
出産 年1回 1回の出産で平均1~4匹を産む
特徴 夜行性
植物食中心だが、ネズミやカエル、昆虫等を食べることもある。
名前の由来は、鼻から頭に向けて白い毛があり、そのため漢字では白鼻芯と表記される。
木登りが得意なので、屋根から侵入することが多い。
注意 果樹園、畑地近隣は要注意!

イタチ

種類 イタチ イタチ科(ニホンイタチ、チョウセンイタチ)
写真 イタチ
地域 西日本に多く生息
体長 13~40cm
出産 年1回 1回の出産で平均4匹を産む
特徴 主に夜行性
肉食中心でネズミ類を捕食、鳥の卵やヒナ、昆虫等も食べる。
垂直の壁も平気で登り、泳ぎも達者。
注意 海岸部の低平野地域や河川沿いの家屋は要注意!

アライグマ

種類 アライグマ アライグマ科
写真 アライグマ
地域 日本全国で被害増加中
体長 50~60cm
出産 年1回 1回の出産で平均4~6匹を産む
特徴 夜行性
雑食性で、昆虫から小型の哺乳類、農作物まで捕食する。
木登りや泳ぎが得意で力も強いため、家屋のさまざまな所から侵入する。
注意 水辺近くの家屋は特に要注意!

▲ページトップ